お店や企業が紙袋を購入する場合のその方法

お店や企業などで紙袋を大量に購入する場合は、ロット数で注文を行う購入方法がおすすめです。ロットとは、注文数量や製造数量の最小単位を表すもので、このロット数に対応して注文すると単品価格で購入するよりも費用を抑えることができます。ロット販売のみを行っている企業もあるので、購入の際には、最低ロットを確認して購入するといいでしょう。一般的に1ロット数百枚ですが、インターネットショップなどでは、1ロット数十枚単位で対応してくれるところもあります。目的に応じた最適な数量に対応してもらえる業者を選ぶことが大切です。購入先としては、実際に店舗を構えている所かインターネットショップなどでの購入となります。色・柄・素材などの種類によって多種多様なものがあるので、よく吟味して選びましょう。

お店や企業専用の紙袋を作るメリット

お店や企業の名前などが入った紙袋は、ただの手提げ袋というだけでなくお店や企業の広告として活用できます。多くのお客様に持っていただくことで、お店や企業の名前を知ってもらうことになり、無料で広告効果をアップすることができるのです。デザイン性のある手提げ袋なら、お店や企業から渡された時だけでなく、日常使いのサブバッグとしても利用してもらえるので、広告宣伝効果が高まります。このように広告効果の高い手提げバッグは、お店や企業にとってその存在感をアピールするメリットがあります。これを媒体などの広告で行えば、かなりのコストがかかります。でも、手提げバッグの作成なら、コストもかからず実用的に活用できるので、とてもお得です。保存しておきたいと思われるほどデザイン性の高いものを作れば、何度も利用されるので宣伝効果抜群です。

紙袋とビニール袋、不織布バッグとの違いは何?

それぞれのバッグは、お店や企業の他にも展示会やオープンキャンパスなど多くの場面で利用されています。どちらも大量生産でき価格的にも安価だといえます。ビニール袋は安価ですが、企業やお店のイメージが安っぽくなるので、イメージを重視するならば紙製の手提げがおすすめです。不織布バッグは、布のような風合いがありますが、布バッグよりコスト面でかなり安価です。ただし、何かを印刷する場合、不織布バッグは、表面にざらつきがあるため細かな印刷には向きません。デザイン重視のおしゃれな手提げを考えるなら、やはり紙製の手提げバッグが良いでしょう。紙製の場合、インクのつきがいいのできれいに仕上がります。宣伝効果をアップするためのおしゃれなデザインを意識するなら、紙製が一番良いといえます。